【エターナル】兎族コノの時をかけるエターナル「降り立ったエターナルの世界で」

  1. 〈12〉兎族コノの時をかけるエターナル
12月15日に正式リリースしたアソビモの新作MMORPG「ETERNAL(エターナル)」

公式HPより:https://asobimo.com/ja/games/eternal/


トーラムオンラインアヴァベルオンラインを手掛けるアソビモの新作MMORPGということで、注目が集まっている。反面、リリース直後のバグの多さにも注目が集まり、現在は度重なるメンテの日々。アソビモ公式YouTubeチャンネル「ビモチャン」でプロデューサー 守田氏が公式生放送で謝罪するまでに至った。

アソビモがエターナルに込める気合いは、そのクリエイター陣からも見て取れる。

キービジュアル、キャラクター・モンスターデザインには、ファイナルファンタジーなどで有名な天野喜孝氏を起用。公式PV主題歌にはLUNA SEAを起用した。主題歌は「PHILIA」。ゲーム音楽にはトップサウンドクリエイター集団のMOBACAが手掛ける。

公式HPより:https://p-eternal.jp/

 

そんなエターナルを、遊んでいくぞっ!

さっそく、キャラクターを作成

 キャラクター名:コノ
 サーバー:メリッサ
 職業:ウォーリア

メリッサ鯖の方は、ぜひフレンド登録をして一緒に遊ぼう!

ウサミミを頼りに探してくれっ!

 

さて、私はウォーリアで作成したが、エターナルには4つの職業がある。

近接攻撃に特化したウォーリア、パーティの盾となるパラディン、遠距離魔法攻撃のメイジ、回復のプリーストだ。エターニアのダンジョンは、盾1、支援1、攻撃3人の5人パーティで挑む。

それぞれのジョブには「特性」が3つずつあり、ウォーリアの盾、パラディンの支援、プリーストの攻撃なども可能だ。自分の好きなスタイルを目指そう。

 

序盤はとにかくクエストをクリアしていくことに専念した。左にあるのがクエストリストで、タップするだけでオートで戦ってくれる。画面をずっと見ていなくても、時々見てタップするだけでサクサククリアしていけるのは便利だ。

 

さて、エターニアのオート戦闘がすごい。

条件を指定して、使用するスキルを選択。行動成功時の次の行動を選択する。これをワンブロックとして、初期段階では8つまでプログラムを組むことができる。

例えば、HPが30%以下なら回復アイテムを使う。次に、近くの敵にスキルAを使う。次に、味方が攻撃している敵にスキルBを使う。次に、味方のHPが50%以下なら回復魔法を使う。

など、プログラミング学習をしているのかと思うほど、細かく設定ができる。細かい反面、意図する動きにプログラムを組むのは至難の業だ。

ここで、便利な設定を紹介しよう。

エターナルでは、放置狩りができる。そのままではできないので、放置狩り設定を行おう。戦術の画面の右上、設定を選択すると、このような画面になる。「ヘイトがきていない敵も対象に含める」と「バトルが終わったら元の位置に戻る」のチェックをONにしよう。

すると、その場にとどまり、近くの敵を倒し続けてくれる。

 

そしてもう一つ。放置狩りの際は、画面上のメニューのコーヒーのマーク「マグモード」をタップしよう。すると、このような「省電力モード」画面になる。文字ベースのログだけになり、消費電力を抑えることができるぞ。

 

さてさて、まだまだクエストをクリアしていく日々だが、日課も少なからずある。

エリアクエストは、各エリア1日4回可能なクエストで、特定の敵を一定数倒すというもの。多くの経験値を貰えるので、ぜひ毎日コツコツ消化しよう。

 

まだまだバグが多く、メンテの日々だが、国産大型MMORPGとして、世界観やストーリー、各種機能など、かなり作り込まれている印象だ。潜在的なポテンシャルは高い。

攻略情報が少なく、わからないことも多いが、それこそゲームの醍醐味だろう。みんなで攻略する楽しみがある。YouTubeやその他プラットフォームでは、生配信をしているプレイヤーもいる。

プライヤーが離れる前にバグを解消し、様々なコンテンツを配信することで、海外MMORPGだらけの現状に一石を投じて欲しい。私も期待している。

文・コノ

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。