※日本未定「VALORANT」初の公式大会「First Strike」が世界複数の地域で開催。北米、ヨーロッパ、アジア、ブラジル、ラテンアメリカなど。独自の称号付与も

  1. 〈01〉eスポーツ【大会・イベント】情報

5対5のタクティカルFPS「VALORANT(ヴァロラント)」初の公式大会「First Strike」が世界複数の地域で開催される。

ゲームタイトルのパブリッシャーであるRiot Gamesが主催・運営を務める初の大会となる。

ただし、日本での開催は未定だ。

■VALORANT FIRST STRIKE動画

「FIRST STRIKE」は北米、ヨーロッパ、アジア、ブラジル、ラテンアメリカなどで開催。世界各地で各優勝チームを決定する。各地域で予選を開催し、その後12月3日から6日ごろにかけて、地域ごとに「FIRST STRIKE Finals」を実施。各地域の優勝チームそれぞれに、公式では初となるVALORANT地域チャンピオンの称号が与えられる。

「FIRST STRIKE Finals」では、プロチームとアマチュアチームの両方が参加できる。

  • Whalen Rozelle(ライアットゲームズ eスポーツシニアディレクター)のコメント

「VALORANTは、グローバルな魅力と次期ナンバーワンeスポーツになるために必要な要素を備えた、競技性の高いタイトルです。FIRST STRIKEは競技としての素晴らしさをアピールし、各地域のレガシーを築いてく舞台として我々の競技エコシステムを盛り上げ、さらには今後VALORANTのeスポーツをサポートしていくための基盤となるはずです。」

  • Anna Donlon (VALORANTエグゼクティブプロデューサー)のコメント

「コミュニティーを長期的にサポートするため、私たちができる最高の投資の1つにeスポーツがあることは揺るぎない事実です。世界各地で実施したIgnition Series(イグニッションシリーズ)で分かったように、VALORANTでプロレベルの試合が行われることへの需要は非常に高く、ファンやプレイヤーの皆さん、そして各団体と共にFIRST STRIKEという旅を始められることを本当にうれしく思っています。開発チームとして、VALORANTの競技シーンをサポートすることは最優先事項の1つであり、この旅を成功させるべく最大限の努力を行っていくつもりです。」

Riot Gamesが10年にわたり、業界トップクラスのeスポーツイベントの運営・放送を行ってきた経験を活かし、「FIRST STRIKE」で『VALORANT』のeスポーツシーンをさらに盛り上げます。世界有数の国際eスポーツプロデューサーでもあるライアットゲームズは、世界各地で毎週プロリーグ大会を開催および放送しているほか、世界最高の観戦者数を誇るeスポーツイベント、「リーグ・オブ・レジェンド World Championship」でエミー賞を複数受賞しています。
リリース以来、VALORANTは最も急成長を遂げているeスポーツの仲間入りを果たし、オンラインでの数多くの視聴者、様々な競技的バックグラウンドを持つプロプレイヤーたち、そして才能あるルーキーたちを魅了しています。VALORANT eスポーツの成長を後押しするために、ライアットゲームズは20を超える業界トップクラスのイベント主催者と提携してVALORANT Ignition Seriesを立ち上げ、数百万人のファンが注目する大会を数多く開催しました。過去6か月の間に、様々なフォーマットで数百ものトーナメントが開催され、世界中のチームやプレイヤーに合計100万ドル以上の賞金が授与されています。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。