ログリーは、日本で初めて全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」を10月15日(木)にリリース

  1. 〈06〉サービス関連

ログリー株式会社は、2020年10月15日(木)に日本で初めて、全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」をリリースする。

賞金は、サービス内専用の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでギフト券等との交換をすることができる。

Adictorは、すべての大会に賞金を提供するほか、参加者の募集からトーナメントの自動生成機能、大会終了後にログを残さないチャット機能など、大会運営をワンストップで支援する機能を搭載している。

サービスサイトURL:https://adictor.jp/

「Adictor」最大の特徴は、日本各地で開催されている有志大会の活性化のため、すべての大会に賞金の支援を保証していること。

未来のeスポーツプロプレイヤーへの活動支援を目的として、大会の主催者と優勝者のそれぞれに、運営事務局から賞金を提供する。

<新規開催画面:開発中>

新規開催画面:開発中

賞金はサービス内専用の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、任意のタイミングでiTunesギフトカードやGoogle Playギフトカード、Amazonギフト券等との交換をすることができる。

対人戦(PvP)機能を持つゲームタイトルでは「ランクマッチ」や「ランクバトル」と呼ばれる対戦モードが準備されている。多くの場合「段位」や「ランク」などが対戦戦績によって昇降格するピラミッド構造となっている。

Adictorでは、大会で上位戦績をおさめるごとに「XP」という経験値が発行され、一定の閾値ごとにレベルや称号を付与、ランキング形式で全ユーザーに公開される。

<マイページ:開発中>

マイページ:開発中

現在のeスポーツの大会は、「チーム対抗戦」が主流となっている。今回Adictorで取り扱う予定の「シューター」というジャンルにおいても、大規模な大会となると、チームメイトとの連携や戦略の奥深さなどの醍醐味があるチーム戦が盛り上がっている。格闘ゲームやデジタルカードゲームなどの1対1の対戦ゲームであっても、現存するプロのほとんどが何らかのチームに属し、ともに研究をすることによってさらなる技術レベル強化を図っている。
一方で、個人のプレイヤーの中にも、高い技術レベルを持つ者も多い。そうした個人プレイヤーのために、多くのプラットフォームで準備されているプレイヤー同士の交流・コミュニティ機能の一切をあえて廃し、純粋に大会を楽しむ機能のみにフォーカスしている。

サービスリリース当初は、運営事務局から賞金が提供される。将来的には、支援条件やリターンを設定して支援できるスポンサー機能も開発予定だ。

ユーザーに対してはプラットフォーム内でのランクが上がるほど賞金が高まる、スポンサー付き大会のエントリー権が得られるなどの特典も検討している。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。