投稿監視、風評調査、ゲームサポートなどを手がけるイー・ガーディアンが、社会人アマチュアeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE™」に施設協賛

  1. 〈09〉スポンサー契約関連

投稿監視、風評調査、ゲームサポートなどを手がけるイー・ガーディアンは、2020年8月24日(月)に、社会人アマチュアeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE™」に施設協賛することを決定した。

企業によるe スポーツ活動を活性化させ、eスポーツをきっかけとした企業間交流の機会創出を実現することを目指す。

イー・ガーディアンは、2017年に社内eスポーツチーム「e-Guardians」を創設。

2018年には、大阪にゲームサービスの提供に特化した専門施設「大阪GAMELABO」を開設。施設内にチーム専用のゲーミングルームを設けるなど、ゲーム関連事業及びゲーム人材の育成に注力してきた。

「AFTER 6 LEAGUE™」は、企業に所属するアマチュアeスポーツプレイヤーを対象とした、リーグ運営を通じて、チーム内外の交流を促進し、「競争」と「絆」を創出する社会人eスポーツリーグだ。

「AFTER 6 LEAGUE™」出場者へ練習の場を提供することで、大会を盛り上げるだけでなく、「eスポーツ」を通じた異業種企業との出会い・既存サービスへの多角的なきっかけを作る。

■「AFTER 6 LEAGUE™」の概要

「AFTER 6 LEAGUE™」は、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴)と株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男)が企業によるeスポーツ活動を活性化させ、eスポーツをきっかけとした企業交流の機会創出を実現するため、社会人アマチュアeスポーツプレイヤーを対象として2020年7月に設立され、翌8月から参画企業の受付を開始しております。
本リーグの設立により、eスポーツを通じた企業交流の機会創出を実現するだけではなく、オンラインでも実施可能なeスポーツの特性を活かし、アフターコロナ時代の「新しい生活様式」の中でも、社会人アマチュアeスポーツプレイヤー同士の「競争」と「絆」の創出も支援します。

■「大阪GAMELABO」ゲーミングルーム使用イメージ(8/8開催 AFTER 6 LEAGUE™設立記念大会)

■「大阪 GAMELABO ゲーミングルーム施設」概要

施設名   :イー・ガーディアン株式会社 大阪GAMELABO ゲーミングルーム

住所    :大阪府大阪市北区梅田2-4-13 阪神産経桜橋ビル4F

地図    :https://www.e-guardian.co.jp/company/access.html#game

利用申込方法:https://www.e-guardian.co.jp/e-sports-A6L.html

設備概要  :

・ゲーミングPC(CPU:I7-8700 3.20GHz メモリ:16GB)

・ゲーミングキーボード

・ゲーミングヘッドセット(7.1chサラウンド)

・ゲーミングマウス

・ゲーミングマウスパッド

・ゲーミングモニター ディスプレイ(24.5インチ/フルHD/DisplayPort,HDMI,DVI搭載/240Hz/1ms)

※各12台ずつ

※詳細仕様につきましては、利用申請フォームよりお問い合わせください

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。