Riot Games, Inc.と定額ストリーミングサービス「Spotify」が、LoL Esportsのグローバルイベントにおける公式オーディオストリーミングパートナーシップを締結

  1. 〈09〉スポンサー契約関連

「リーグ・オブ・レジェンド」(以下、LoL)を運営するRiot Games, Inc.は、定額ストリーミングサービス「Spotify」と、LoL Esportsのグローバルイベントにおける公式オーディオストリーミングパートナーシップを結んだこと。

9月25日から開催予定のLoLの世界大会「League of Legends 2020 World Championship」に先駆けて、順次コンテンツを配信する。

Spotifyとライアットゲームズは、公式テーマ曲のメイキングや複数のポッドキャストシリーズ、専用プレイリストを提供。Soptifyでは新たにLoL Esports ミュージック・ハブが利用可能になる。

Spotifyでリーグ・オブ・レジェンドのeスポーツコミュニティーにインスパイアされた専用プレイリストを作成。

また、LoL Esportsの中で最も人気が高く、BO5のシリーズで勝敗が懸かった試合の前にのみ流れる曲であるSilver Scrapesのように、SpotifyはLoL EsportsのMid-Season InvitationalとWorld Championshipの第5戦目でのプレゼンティングパートナーの役目を担い、大会が佳境を迎える瞬間にファンの気持ちを盛り上げる。

Silver Scrapes

さらに、Spotifyとライアットゲームズは複数のオリジナルポッドキャストシリーズを提供。「Untold Stories: Top Moments from Worlds」では、League of Legends World Championshipのユニークな物語を各年ひとつずつ取り上げて、トーナメントの舞台裏を届ける。

また、SpotifyではWorldsの人気テーマ曲の制作舞台裏の模様も提供。

2014年以来、League of Legends World Championshipでは大会の開催を記念してファンの胸を躍らせる公式テーマ曲を毎年リリースしており、これまでにImagine DragonsやThe Glitch Mob、Against the Currentなどの人気アーティストたちとコラボレーションしている。

Imagine Dragons

 The Glitch Mob

Against the Current

LoL Esports とは

LoL Esportsは全世界で数百万人のファンの注目を集めるグローバルスポーツです。現在、世界中の12のリーグに、100を超えるリーグ・オブ・レジェンドのプロeスポーツチームと、そこに所属する800名を超えるプロ選手が存在します。各地域リーグはおよそ10チームで構成されており、年間で2つのシーズンを競い合います。各チームはチャンピオンシップポイントを獲得することで、2つの主要な国際大会である「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship(Worlds)」への出場権を獲得します。

LoL Esports:https://lolesports.com/

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。