「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」 を運営するRiot Gamesが、LoLのeスポーツブランド『LoL Esports』を発表

  1. 〈02〉ゲーム情報

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(以下、LoL)」の運営元Riot Games, Inc.(米国)は、「リーグ・オブ・レジェンド」のeスポーツブランド、『LoL Esports』を発表した。

『LoL Esports』は、世界規模のグローバルな競技イベントや世界中のファンのための大規模なスポーツエンターテインメントのプラットフォームおよび情報発信の場になる。

■「Welcome to LoL Esports」【動画】

『LoL Esports』ブランドは、ゲームを意義のある職業として確立するという理念のもとに設立。『LoL Esports』のロゴとビジュアルは、サモナーズリフトのアートワークをインスピレーションしている。

 2019年に開催されたWorld Championshipの決勝戦は、過去最大となるAMA(平均視聴者数/分)2,180万人に達した。「リーグ・オブ・レジェンド」のeスポーツは業界をリードするコンテンツへと拡大し続けている。

数百名におよぶプロ選手が、世界12地域のリーグで競技を行っている。新人選手の登竜門となる大学リーグも含まれている。

現在行われている2020年シーズンのSummer Split(国内ではLJL 2020 Summer Splitが開催中)では、地域リーグが大幅な成長を遂げており、オンラインでのAMAが大きく増加している。

Engine Media/Torque Esportsのゲーム配信データ分析の専門家であるStream Hatchetによれば、LPL(中国)、LCK(韓国)、LEC(ヨーロッパ)、LCS(北アメリカ)のLoLプロリーグ上位4地域では、TwitchおよびYouTubeにおいてAMAが129%増加していることが示された。

John Needham(ライアットゲームズ eスポーツ部門グローバルヘッド)のコメント

 「世界中の人々にLoL eスポーツファンに楽しんでもらうことが私たちの目的です。それは感動的な競技イベント、持続可能な成長、最先端の技術、派手なエンターテインメント、そしてチームとスポーツの誠実さを重視する姿勢などによって支えられる、活気あふれるグローバルなeスポーツエコシステムを構築することから始まります。世界中で数百万人のファンを魅了するスリリングな地域リーグの競技イベントから、Worldsで掲げられるトロフィーまで、すべてが『LoL Esports』のブランドに統合されます」

 『LoL Esports』は、デジタルチャンネルであるLoLEsports.comを通して、グローバルな競技イベントを3つの動画シリーズにより提供する。これらの動画シリーズでは、ファンがリーグ・オブ・レジェンド eスポーツの12の地域リーグおよびグローバルイベントにおけるトップレベルのゲームプレイを取り上げた動画を楽しむことができる。 

『LoL Esports』サイトの新デザインについて

『LoL Esports』のデザインを刷新するにあたり、LoLの伝統ある競技場「サモナーズリフト」をインスピレーションの源とし、配色やアイコンが作成された。

すべてをここまで成長させてくれたこのゲームへ敬意を払いつつ、よりモダンに作り変えていく、というのが今回のリニューアルの目標。

■【LoL Esports】 https://watch.lolesports.com/

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。