「泊まれるeスポーツ施設」のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~大阪日本橋」が今夏グランドオープン。プレオープンは7月3日より

  1. 〈99〉その他

「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトとする”eスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~大阪日本橋」が今夏グランドオープン。7月3日(水)より、プレオープンが決定した。運営するのは、株式会社サンユー都市開発。

感染症防止対策を徹底した上で、全9フロア、最大72席のPCブース、95ベッドを開業。プレオープン特別価格は、「一泊1,500円から」7月中に宿泊する人には、「開業記念品」が贈られる。

2020年7月4日、5日は、無料見学会として一般公開される。

当初は、2020年4月の開業を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況や緊急事態宣言の発令等を受け、さらなる感染拡大防止の観点から、開業を延期していた。

最大18時間、ゲーミングフロアのPCが利用できる宿泊+PCのセットプランや、PCが完備された個室の宿泊プラン、ドミトリーの素泊まりプランなどが用意されている。

【フロアデザインコンセプト】
1階~3階:ハイスペックPCフロア。レッドやブルーの照明が印象的でPCやゲーミングチェアがずらっと並んだデジタル空間

4階・5階:男性専用フロア。「CONNECT THE WORLD」世界中の言語をタイポグラフィアートでデジタルに空間構成されている

6階:男性専用フロア。「ANOTHER WORLD」JAPANESE STYLEを創造

7階:個室フロア。
<701号室>戦場のアーミーキャンプをそのまま再現したゲームとリアルのボーダーレスな空間
<702号室>「デジタル空間」をカジュアルに構成し演出照明のエフェクトでイメージを変えることができる空間
<703号室>「デジタル空間」をストライプでモダンに表現しています。
8階:女性専用フロア。時代物RPGゲームに登場するようなラグジュアリーな宿屋をジャパニーズモダンで表現した和空間

宿泊の予約:https://go-e-zone.reservation.jp/ja

7月4日(土)、5日(日)無料見学会 予約フォーム:http://ur0.work/TKk3
1日3回実施(10時半、13時、14時半)、各回10名様(事前予約制)

「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」とは?

コンセプトは『eスポーツ × 宿泊 × 大阪』

オンラインゲームをしてたら、もうあと少しだけゲームをしたいって挑み続けていたら、傍にいつでも寝れる環境がある。そんな、誰もが一度は経験したくなるような環境を提供できる”夢の体験”が可能な施設です。

eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前の泊りがけの合宿を実施したり、そんな「eスポーツ」を楽しむプレイヤーに至福の体験を用意してくれる施設を、自分たちで企画したのが本施設です。

本ホテルは、大阪日本橋の中心に位置し、B1Fから8Fまでの全9フロアのe-sports設備を併設した複合型ホテルです。1F~3Fはゲーミングフロア、4Fから8Fはキャビンフロア(宿泊フロア)、B1Fにはシャワーフロアを常設。施設内には最大72席のハイスペックPCブースが用意されるほか、実況配信用の設備も完備しております。

個人での利用はもちろん、大会やイベントも開催予定。eスポーツを存分に楽しむことができ、ユーザー間のコミュニケーションの場となる施設として「e-ZONe ~電脳空間~」を運営していきます。

「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」概要
名称 :「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」
サイトURL:http://e-zone.site/
住所 :大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9-7
アクセス :
地下鉄(堺筋線)恵美須町駅から徒歩7分
南海(本線・高野線)なんば駅から徒歩9分
地下鉄(御堂筋線)なんば駅から徒歩10分
近鉄(大阪線)日本橋駅から徒歩10分

構造 :鉄骨造 地下1階、地上8階建て
竣工月:2020年3月
サイトURL:https://www.sanyu-j-net.co.jp/lp/
営業時間:24時間
総ベッド数:95ベッド
広さ :769.10㎡
プロジェクトメンバー
事業主:株式会社S&T ホールディングス(サンユーグループ)
運営:株式会社SANTAVEL(サンユーグループ)
株式会社オックスコンサルティング
設計・デザイン:一級建築士事務所「株式会社東京オデッセイ」
施工:富士建設工業株式会社

本施設を通して様々なイベントや大会を実施し、eスポーツプレイヤーの皆様に活躍の場を提供すると共に、すべてのゲームユーザーの皆様が気軽に集う場を提供することで、日本のeスポーツシーンの発展に努めてまいります。

■クラウドファンディングのご支援も募集中です。
MakuakeクラウドファンディングプロジェクトページURL:
https://www.makuake.com/project/ezone

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。