ゲーム動画サービス「RDY」が、新型コロナの影響により収入減のゲーマーに向け、「ゲーム動画買取キャンペーン」を開始。 動画1本300円から

  1. 〈07〉キャンペーン情報

ゲーム動画サービス「RDY」は、新型コロナウイルスの影響により仕事の収入が減ってしまったゲーマーなどに向け、「ゲーム動画買取キャンペーン」を開始する。

運営するのは、株式会社brossom。

RDY(レディ)は、現在Webブラウザ版で提供をしている「スマホだけで簡単にゲーム実況動画が作れる」サービス。

今後は、「ゲームがもっと上手くなるゲーム攻略動画サービス」にコンセプトリニューアルを行い、2020年6月上旬にiOS/Androidアプリをリリースする予定だ。

サービスURL:https://rdy.tokyo/feeds

◼︎キャンペーン概要

「ゲーム動画買取キャンペーン」は、ランク基準を満たし審査を通過した人に、1動画につき最低300円で買い取るキャンペーン。

以下のゲームタイトル及びプレイヤーランク条件を満たしていれば、専用のフォームより応募することが可能。

審査を通過すると、専用投稿アプリ「RDY」が提供される。RDYから動画を投稿すると、投稿した動画数に応じて、投稿者に報酬を支払われる。

【ゲームタイトル一覧とランク基準】

・IdentityV_グリフォン、フライングライオン以上
・クラッシュ・ロワイヤル_トロフィー7,000以上
・Shadowverse_マスター以上
・ブロスタ_トロフィー20,000 以上
・PUBG MOBILE_エース以上
・Call of Duty Mobile_マスター以上
・モバイル·レジェンド_ミシック以上
・#コンパス_S7以上
・eFootball ウイニングイレブン 2020_レート1,000以上
・荒野行動_荒野王者以上

【動画と報酬について】

・ゲームプレイ動画をRDYアプリ内で編集し投稿
・動画の再生数は関係なく、動画1つにつき最低300円から買取
・投稿者のゲームレベルや実績を考慮し、報酬金額を高くなる場合もある
・動画買取については上限数を定める場合がある
・報酬のお支払い方法は、Amazonギフト券のみ

◼︎応募フォーム
https://forms.gle/FG3bazpHuHTXNsk46

◼︎キャンペーン応募期間について
2020年4月26日(日)18:00まで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。