日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設「REDEE」と#FR2がユニフォームサプライヤー契約を締結

  1. 未分類

2020年3月1日(日)にオープンを予定している日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設「REDEE」を協業開業するレッドホースコーポレーション株式会社、株式会社電通、ウェルプレイド株式会社、Next Group Holdings株式会社と、アパレルやアクセサリーを展開するアパレルブランド#FR2の株式会社せーのは、2020年1月23日(木)に「REDEE」スタッフ用ユニフォームとして、ユニフォームサプライヤー契約を締結したことを発表した。

#FR2は2014年に「カメラマンが着る服」をコンセプトに創設されて以来、SNSと口コミで人気が広がり若者を中心に支持を得ているブランド。「REDEE」は「eスポーツ×学び」をコンセプトに子供たちがゲームの体験を通じて広範な知識・スキルを獲得するための日本最大の施設で、3月1日(日)にオープンを予定している。#FR2と「REDEE」は両業界の市場の隆盛ができると考え、ユニフォームサプライヤー契約を提携することに合意した。

ユニフォームは、通常の#FR2のラインナップとは異なるネオンカラーを用いたプリントを特徴にし、プリントカラーはeスポーツと「REDEE」からイメージされたカラー構成に仕上げた。 また、「REDEE」のコンセプトでもある「eスポーツ×学び」を「Learning Games、Learning esports」で表現。アイテムは、Tシャツ・ジャージセットアップ・ベンチコートの全3アイテムを用意した。

■Tシャツ
フロントは、ボックスロゴにすることでユニフォームながらどこから見てもファッション性を兼ね備えたデザインに仕上げた。バックには、「REDEE」のロゴに加え、通常の#FR2のアイコンに「R」が組み合わさった「REDEE×#FR2コラボ」オリジナルアイコンを大きくプリント。また、フロントの裾にオリジナルアイコンが刺繍されている。

■ジャージ(トップス)
胸元に入れた「REDEE×#FR2コラボ」オリジナルアイコンに加え、両袖に「REDEE」と#FR2それぞれのロゴを配置した。さらに両袖の2本ラインのカラーも合わせることで全体的にまとまった仕上がりにした。裾と袖元に長めのリブを取り付けることで風を通しにくくなっているため、肌寒い日に羽織ったりコートなどのインナーとしても対応可能だ。

■ジャージ(パンツ)
トップス同様、両サイドの2本ラインのカラーを合わせることで、セットアップで着ても単体で着てもネオンカラーの存在感はありながらまとまりのある仕上がりに。ウエスト左ポケット下に入った「REDEE×#FR2コラボ」オリジナルアイコンの刺繍がワンポイントアクセント。細身のシルエットにすることで、ユニフォームながらファッション性の高いスタイリッシュな仕上がりにした。裾は開閉ジップ付きで、着脱時や足がむくんだ時などジップを開けることで楽に着用できる。

■ベンチコート
スポーツユニフォームらしくロング丈のベンチコートタイプを用意。防寒性を持たせつつ、ネオンカラーであしらわれたバックのボックスロゴ、両袖のロゴ、フロントの「REDEE×#FR2コラボ」オリジナルアイコンでファッショナブルな一着に仕上げた。軽量ながら、寒い日に着込んでも大丈夫なように程良くゆとりあるサイズ感、さらにネックを高めにすることで防寒性をプラスした。

【#FR2 (Fxxking Rabbits)とは】
Instagram:https://www.instagram.com/fxxkingrabbits/
写真家、アーティスト
2014年ウサギのカメラマン#FR2によって創設。 写真家としての活動以外に、「カメラマンが着る服」 というコンセプトでアパレルやアクセサリーを展開。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。