【龍が如く ONLINE】のIPライセンス契約を台湾企業SOFTSTAR社と契約台湾・香港・マカオ向け事業展開を発表

  1. 未分類

株式会社セガゲームスは、『龍が如く ONLINE』について、SOFTSTAR ENTERTAINMENT Inc.の子会社であるLoftstar Interactive Entertainment Inc.とIPライセンスアウト契約を締結し、SOFTSTAR社による台湾、香港、マカオでの事業展開について2020年1月17日(金)に台湾台北市にて発表した。

『龍が如くONLINE』は、「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトのもと巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いて好評を博し、累計出荷本数1,200万本を超える家庭用ゲーム「龍が如く」シリーズの正統続編アプリだ。日本国内では2018年11月よりセガゲームスがスマートフォン、及びPC向けにサービス提供しており、サービス開始以来、200万アカウントを突破している(2019年12月末現在)。

SOFTSTAR社は1988年の設立以来、繁体字圏※においてPC・家庭用・スマートフォン向けゲームの開発・販売事業や映画、テレビドラマ、漫画などのIPマルチライセンス事業、マーチャンダイズ企画・販売などゲームを中心としたエンタテインメント関連事業を幅広く手掛けている。特にゲーム事業においては、スマートフォン向けヒット作品の運営実績を持つ他、PC・家庭用ゲームのマルチプラットフォーム展開やゲームを原作としたアニメーションを手掛けるなどIPの育成においても成果を挙げている。

この取り組みにおいては、SOFTSTAR社が『龍が如くONLINE』現地版の企画開発から運営までを行う。同社のこれまでの繁体字圏でのゲーム事業、及びゲーム作品発のIP育成実績に基づく豊富な知見により、『龍が如くONLINE』現地版が台湾、香港、マカオのゲーム市場で広く受け入れられ、「龍が如く」IPの伸長につながることを期待しているそうだ。

※繁体字圏:台湾、香港、マカオ

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。